【戦略的に目指す】TOEIC700点を取るための勉強⽅法について教えます

みなさんこんにちは。

今回は筆者の実体験に基づいて、
TOEIC700点を取る方法について書いていきます。

MEMO
この記事を読んでわかる事
TOEIC600点レベルの人が、TOEIC700点を取れるようになる方法。

TOEIC700 点を取るための勉強⽅法について教えます

こちらの記事にも書いたんですが、
英語の勉強をすると人生の選択肢が一気に増えますし、
社会人であればキャリアにも有利に働くと思います。

TOEIC600点は英語が得意な⼈であれば、
対策無しでもギリギリ達成することが可能なんですよね。


ですが、700 点はそれまで集中的に英語を勉強したことが無い⼈は、
滅多に取ることのできない点数だと思います。


だからこそ、
「まず TOEIC700 点を⽬指そう」
と考える⼈は多いのではないでしょうか。


実際、TOEIC700 点を取ると
ちょっと英語ができるやつ、と思われることも多くなります。

そこで今回は、
筆者が 600 点から 700 点に得点をアップさせた時の勉強法について書いていこうと思います。


是⾮参考にしてみてください。

(TOEICその他関連記事)

【完全学習ロードマップ】TOEIC900をとるための勉強方法 【読むだけでスコアアップ】TOEIC600点を取るための勉強法について徹底解説します

TOEIC700 点のレベルとは


まず、TOEIC700 点を取るにはどれくらい問題⽂を理解していればいいのでしょうか。


リスニングパートとリーディングパートに分けて考えると、

リスニング
  1. 会話の⼤体のテーマが分かる
  2. 細い部分は分からないことが多い
  3. 単語単語は聞き取れる
リーディング
  1. 時間が⾜りなくて 20 問程度塗り絵状態
  2. ⽂章のテーマについては⼤体わかる
  3. たまに単語⼒不⾜で⽂章の意味が不明になることがある

といった感じです。

リスニングパートについては、
「なんとなくこんな事話してるんだろうな」
という事が分かるものが多いですが、
「こいつら何話してるんだ」
となる問題もちらほらあります。

特に、パート 2 は英⽂のスピードも速いので、
700 点くらいだと全く聞き取れない問題もあるかと思います。

ですが、⽂章全体の理解ができなくても、
キーワードとなる単語さえ聞き取れれば正解につながる事が多く、


600 点から 700 点にスコアアップさせるためには、
このキーワードリスニング⼒が重要だと感じます。

また、リーディングパートについて、
600 点の時と 700 点の時で⼤きく異なるのが、
「問題を解くスピードが速くなっている」
という事です。

正直、筆者の場合 600 点の時と 700 点の時ではリーディングパートにおける正答率はそこまで変化しませんでしたが、600 点を取った時よりも問題を解くスピードが速くなっていました。

具体的に⾔うと、
600 点を取った時はラスト 30 問くらいが塗り絵状態でしたが、
700 点を取った時はラスト 15~20 問くらいが塗り絵状態でした。

例え正答率が上がらなかったとしても、
きちんと問題を解いた部分が増える事で、
リーディングパートの得点はもちろん上がります。

なので、これから 700 点を⽬指す⼈は、
英⽂処理の時間を早めるまたは、問題形式に慣れる事で、
時間内に解ける問題数を増やすのが効果的かと思います!

それでは以下で、
実際に 700 点を取るために取り組むべき勉強について書いていきます。

TOEIC700点を取るために:単語⼒を増やそう


まず取り組んで欲しいのが、語彙⼒の強化です。


600 点を取る時にも語彙⼒は必要ですが、700 点を取るためには 600 点の時よりも⼀段⾼いレベルの英単語を学ぶ必要があります。

先ほど、英⽂処理の速度を上げる事で 700 点を取る事ができると書きましたが、
英⽂処理速度を速めるのに最も効果的な⽅法の⼀つは単語⼒の強化です。


知らない単語が多い⽂章をどうにか読むのと、
知っている単語が多い⽂章を読むのでは、
どちらが速く読めるかは⽐べるまでもないですよね。

実際に筆者は TOEIC ⽤の単語を覚え始めてから、
英⽂を読むスピードがグンと上がったのを覚えています。


もっと具体的にお話しすると、
筆者の場合、後で紹介する⾦のフレーズを⽤いて勉強していましたが、
この単語帳はありがたい事に⽬標点数ごとに章が分かれているんですよね。

金のフレーズ
~600 点:600 点レベルまで

~700 点:730 点レベルまで

を重点的に学習するのが効果的です。


もちろんそれ以上先のレベルまで学習するのもいいですが、
もし 700 点を直近の⽬標としている⼈は、730 点レベルまでを繰り返しやる事がおすすめです!


単語帳に関しての記事はこちら
TOIECに必要な単語数【結論TOEIC単語は狭く深くです】 速読速聴・英単語 Core1900のレベルや使い方を徹底解説します 「システム英単語(シス単)」の使い方や評判を解説します

TOEIC700点を取るために:模試を⼆周しよう


次に取り組んで欲しいのが、TOEIC 模試の勉強です。


多くのサイトやブログで、
「TOEIC は単語帳と模試さえやっておけば間違いなく点数が伸びる」
と⾔われていますが、筆者もそれには賛成です。


さらに、そこでは
「模試はとにかく復習が⼤事です!」
とも⾔われているでしょう。


これは本当に正しくて、
模試の復習をする事で、TOEIC スコアが⾶躍的に伸びるのです。


筆者の場合だと、
まず 2 時間模試を解いて採点した後、
7 時間くらいかけて模試の復習をしていました。


模試の復習として何をするべきかに関しては、
別の記事で書こうと思いますが、
模試の復習にはそれくらいの時間をかける価値があります。


また、⾒出しにも書いてある通り、
私は模試を⼆回解く事をお勧めします。


模試を⼆回解く事で、
復習によって得たインプットを、アウトプットし、定着させる事ができます。


このインプットとアウトプットの繰り返しをする事によって、
⾃然と英⽂が理解しやすくなり、上で述べた英⽂処理速度向上へ繋がるのです。


騙されたと思って是⾮模試を⼆周してみてください!

(模試の復習方法について)

【効果が10倍になる】TOEIC 模試の効果的な復習⽅法について徹底解説します


TOEIC700点を取るために:シャドーイングをしよう


最後にこちら。


リスニングについては、
筆者の場合シャドーイングを繰り返す事によって⼀気に得点を上げる事ができました。


先ほど、600 点から 700 点に点数を上げる際には、
リスニングに関してはキーワードを聞き取る能⼒を向上させる事が⼤切だと書きました。


シャドーイングを繰り返す事によって、
英語独特の発⾳や強弱、速さに慣れる事ができ、
キーワード及び⽂章全体が聞き取れるようになります。

最初は⼝がもつれて全然できないかもしれませんが、
⽇々続けているうちに、確実にシャドーイングができるようになってきます。

シャドーイングにおすすめの単語帳は以下の記事も参考にしてみて下さい。
「DUO3.0」の使い方や評判を解説します


教材としては、模試で解いた問題のパート 3,4 が英⽂の⻑さ的にもちょうどいいと思うので、是⾮活⽤してみてください。

(リスニングに関する記事)

英語のリスニング力が爆発的に上がる勉強法【具体例も紹介】 英語音読の効果を徹底解説【英語力を上げるには音読が必須】

TOEIC700点を取るために使った参考書

最後に、筆者がTOEIC700点を達成するために実際に使っていた参考書を
紹介していこうと思います。

TOEIC金のフレーズ

先ほども書いたように、
TOEIC600から700点へスコアアップをするためには、
単語力の強化が肝となります。

色々なサイトでもお勧めされていますが、
この「金のフレーズ」はTOEIC頻出単語のみを集めた単語帳なので、
かなり効率よくTOEIC向けの単語力増強が可能です。

また、オーディオもアプリで無料ダウンロードできるため、
リスニングの勉強にも用いる事ができます。

もし、TOEIC用の単語帳をどれにするか迷っていて、
特にこだわりがないのであれば、とりあえずこれを選んで間違いはないと思います。

下にリンクも貼っておくので、是非参考にしてみてください!

TOEIC公式問題集

続いて必要になるのがTOEIC公式問題集です。

この公式問題集は以下の三つの活用方法があります。

  1. TOEIC特有の出題形式に慣れる
  2. リーディングの教材として何度も復讐する
  3. リスニングの教材として使う

つまり、上で説明した勉強方法のほとんどがこれでまかなえるんですよね。

逆に、このTOEIC公式問題集を使わないでスコアアップをするのは、
遠回りになってしまうのではないかと思うくらいです。

もし今TOEICのスコアを伸ばすという目標を立てている人であれば、
確実に手に入れて欲しいですね!

ちなみにvolが複数出ていますが、基本的に内容に優劣は無いと思うので、
どれを買っても大丈夫です。

これも下にリンクを貼っておくので、是非みてみてください。

TOEIC700点を取るには参考書選びがとにかく大切!

上でも一部解説しましたが、TOEICで700点を取るには、
まず自分に合った参考書を選ぶ事が非常に大切です。

 

以下の記事で、スコア別オススメ参考書を紹介しているので、
是非チェックしてみてください!

【迷ったらこれ】おすすめTOEIC参考書を目標スコア別に紹介!

【まとめ】


いかがでしたでしょうか。


TOEIC700 点はしっかりと対策をしなければ取れない点数ですが、
その分周囲からも英語⼒を認められやすい点数です。


正しい対策を続ける事で、
確実に達成できる得点でもありますので、少しでも興味/やる気のある⽅は⽬指して欲しいです!


このブログでは他の記事で英語学習に関する情報をたくさん発信しているので、
そちらもチェックしてみてください。

もし、TOEICのスコアだけではなく、
使える英語力を強化したい人はこちらをどうぞ!

それではまた

(この記事を読んだ人にオススメ)
年間300本の英語論文を読む私が英語多読の効果とやり方を解説 【アルク英辞郎pro】英語で悩む全ての人にオススメ最高の英語辞書紹介します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です