メリハリのあるくびれは多くの女性の憧れだと思います。ただ、色々と努力してもくびれができないと「自分は骨格的にくびれができないんじゃないか」と悩んでしまう事もあるかと思います。骨格ストレート/骨格ウェーブ/骨格ナチュラル等によって骨格の形が違うので、確かにくびれのできやすさにも影響がありそうですよね。

そこでこの記事では、くびれの仕組みや、くびれができやすい骨格/できにくい骨格について詳しく解説していきます。もしくびれができず、骨格のせいじゃないかと悩んでいる場合は、是非この記事を読んで参考にしてみて下さい。


\くびれを作りたい方必見/


【骨格ストレートさん必見】くびれと骨格の関係性

くびれと骨格の関係

そもそもくびれと骨格は関係があるのでしょうか?骨格よりも脂肪や筋肉の方が関係がありそうに見えますが、くびれと骨格には非常に大きな関係性があります。ここでは、くびれの仕組みを説明して、何故くびれを作るために骨格が重要なのかについてお話していきます。

くびれとは肋骨と骨盤の間の細い部分

くびれとはどこの事を指しており、何故できるのでしょうか。くびれとは「胸郭(肋骨)と骨盤の間の細い部分」です。

くびれがどこにあるのかの説明図

上の図を見てわかる通り、肋骨や骨盤が横に広がりがあるのに対して、その間の腰椎には横に広がる骨格がありません。そのため、この間のスペースが胸やお尻と比べて細くなりやすく、いわゆる「くびれ」ができやすくなっているのです。

肋骨と骨盤の位置/幅がくびれのできやすさに影響

肋骨と骨盤の間にできるのがくびれという事は、この肋骨と骨盤の位置や横幅がくびれのできやすさに大きく関係してきます。骨盤が大ききればウエストとの差でくびれはできやすくなりますし、肋骨と骨盤の位置が遠ければくびれができるスペースも大きくなり、くびれができやすくなります。

このように、くびれのできやすさは骨格に大きな影響を受け、もしくびれを作りたい場合はまず自分の骨格がどのような特徴を持つのかを把握する必要があります。

骨格ストレート/骨格ウェーブ/骨格ナチュラルの3種類

骨格タイプ三種類

多くの女性が知っているように、骨格のタイプは以下の3種類に分類する事ができます。

  • 骨格ストレート
  • 骨格ウェーブ
  • 骨格ナチュラル

それぞれの骨格には特徴がありますが、それらの特徴はくびれのできやすさにも深い関係があります。自分の骨格タイプが分からないという場合は、まずこちらのサイトで自分の骨格タイプを診断してみましょう。

骨格ストレートが最も多く、全体の55%を占める

骨格診断を行うサロンが調査したところ、骨格タイプの中で最も多くの割合を占めるのは「骨格ストレート」とのこと。全体の55%を占め、過半数以上が骨格ストレートであるとの診断を受けているとの事です。

骨格ストレート:55%

骨格ナチュラル:34%

骨格ウェーブ:11%

※参照:https://www.fashionsnap.com/article/2019-10-23/your-stylecheck/

骨格ストレートさんは「く」の字型のくびれができやすい

骨格ストレートさん

骨格ストレートにはいくつか特徴がありますが、くびれと関係する部分としては以下の特徴が上げられます。

  • 肋骨の幅:広い
  • 骨盤の幅:狭い
  • 肋骨と骨盤の距離:近い

骨格ストレートの人は「リンゴ型」とも呼ばれ、身体の上側に重心が寄っている骨格となっています。骨盤は狭く、肋骨と骨盤の距離も近いため、くびれ自体はできにくくなっています。ただ、くびれができるようになると、胸とウエストとの差から、「く」の字型の綺麗なくびれができやすいという特徴があります。 

骨格ストレートはくびれがない?

読者さん
読者さん

くびれが全然できないんだけど、そもそもくびれがない骨格なんじゃない?

と思う人もいるかもしれません。

くびれがない骨格タイプは無いですが、くびれにくい骨格タイプは存在するようです。実際にインスタのアンケート機能でどの骨格タイプがくびれやすいのかを調査してみました。

一番くびれやすいのが骨格ウェーブ

アンケートの結果、最もくびれができやすいと思われている骨格タイプは骨格ウェーブでした。過半数以上が骨格ウェーブと答えており、皆が共通認識として骨格ウェーブがくびれができやすいと思っているようです。

一番くびれにくいのが骨格ストレート

逆に最もくびれができにくいと思われているのは、骨格ストレートでした。なんと8割以上が骨格ストレートと回答しています。もしかしたら骨格ストレートでくびれができないと悩んでいる人も多いのかもしれません。

【骨格ストレートのくびれがない原因】肋骨と骨盤の間が近い

肋骨が下がってくびれができにくくなる仕組み

骨格ストレートの人は、肋骨が比較的広いためくびれができるようになれば綺麗な「く」の字型のボディラインができます。ただ、肋骨と骨盤の間が近いため、くびれができるスペースが狭く、くびれができにくくなっています。

猫背や反り腰で肋骨が下がっている可能性も

「肋骨と骨盤の間が近くてくびれができにくい」と聞くと、

読者さん
読者さん

じゃあ私は遺伝的にくびれができないのか。。

と思ってしまうかもしれません。ですが、生まれつき肋骨と骨盤の間が近いのではなく、肋骨が下垂してきてしまっている可能性もあります。

猫背や反り腰などの悪い姿勢により、肋骨が徐々に下がってしまうという事はよくあります。そうするとくびれができるためのスペースが少しずつ狭くなってしまい、結果的にくびれができなくなってしまう可能性があります。

骨格ストレートさんのくびれの作り方

ここまで、くびれの仕組みから、それぞれの骨格タイプ毎の特徴について説明してきました。ここからは骨格タイプ毎に、どのようなトレーニングをすればくびれができるのかについて解説していこうと思います。

まずは、骨格ストレートの人向けのくびれの作り方です。

猫背や反り腰などの悪い姿勢を改善するのが大切

骨格ストレートの人は猫背や反り腰などの悪い姿勢を改善する事で、下がっていた肋骨が元の位置に戻り、くびれができる可能性がグッと高くなります。姿勢を改善するために重要な筋肉は以下の二つ。

・広背筋や脊柱起立筋等の背中の筋肉

・インナーマッスルである腹横筋

これらの二種類の筋肉を鍛える方法について以下で解説していきます。

背中を鍛えて正しい姿勢に

猫背や反り腰など、姿勢が悪くなってしまっている場合は、広背筋や脊柱起立筋等の背中の筋肉が弱まってきている可能性があります。この背中の筋肉をうまく使えていないと、徐々に姿勢が歪んでしまい、肋骨の下垂に繋がってしまうというわけです。背中を鍛えて、肋骨の下垂を防いであげましょう。

自宅でできる背中トレーニング

自宅で背中のトレーニングをしたいという場合は、こちらの動画にあるトレーニングをするのがオススメです。脊柱起立筋という姿勢の維持に非常に重要な筋肉を中心に鍛えられるトレーニングとなっています。
背中の鍛え方を更に知りたい方は、こちらの記事をチェックしてみてくださいね。

腹横筋を鍛えて体幹を強くする

インナーマッスルである腹横筋を鍛える事も姿勢の改善に繋がります。

腹筋は「腹直筋」「外腹斜筋」という身体の表側から見えるアウターマッスル内側に「内腹斜筋」が走っており、更にその内側にあるのが「腹横筋」なのです。腹横筋は肋骨と骨盤の間に存在し、背骨や内臓を支えるという重要な役割を果たしています。

腹横筋の場所

つまり、この腹横筋が弱まると姿勢が悪くなり、逆にしっかりと鍛える事で姿勢の改善に繋がるというわけです。

道具無しでできる腹横筋トレーニングのやり方

コチラの動画では、何も道具を使わずにドローイングをする方法について紹介しています。また、一般的な仰向けのドローイングだけではなく、立ったままできるドローイングについても紹介しています。寝ながらトレーニングをするようなスペースが無いという人は是非参考にしてみて下さい。

骨格ストレートさんがくびれを作るにはコルセットもオススメ

一時的にウエストが細く見える

コルセットでウエストが細く見える

まず、コルセットを着用するとお腹周りが締め付けられるので、ウエストが細く見えるようになります。ただこれは一時的な効果である場合が多く、コルセットを外してしまうとウエストサイズも元通りになってしまうという事が多いようです。

食欲を抑えて体脂肪率を減らせる

食欲を抑える

こちらはイメージしやすいかもしれませんが、コルセットを付けている間はお腹が締め付けられるので普段よりも食欲が抑えられます。食欲をコントロールできれば、くびれ作りに大切な体脂肪率もコントロールできるので、結果的にくびれができやすくなるという事です。

姿勢が良くなり、くびれができやすくなる

コルセットを身に付けると腰が丸まらなくなり、背筋が伸びるため猫背の改善にも役立つと言われています。猫背のような悪い姿勢は、肋骨を下げる事に繋がり、結果的にくびれができにくくなってしまいます。くびれをできにくくする肋骨の下垂を防ぐためにもコルセットは有効だと言えます。

くびれを作りたい骨格ストレートさんにおすすめのパーソナルジム3選

くびれを作りたい女性には是非パーソナルジムという選択をおススメします。

読者さん
読者さん

自分一人じゃストイックにトレーニングできない、、

読者さん
読者さん

プロに超効果的なトレーニング方法を教えてほしい!

という方は特にパーソナルジムの利用も検討してみるといいでしょう。

きれいなくびれを作るなら「クレビック(CREBIQ)」

クレビックは女性専門のパーソナルジムで、きれいなくびれを作りたい女性に是非オススメしたいパーソナルジムとなっています。

ボディメイクの達人が全プログラムを監修し、クレビックが誇るオリジナルメゾットで、お客様一人ひとりに理 想的な結果を導きます。

さらに、専門知識のある管理栄養士常駐で、お客様の食事面からのサポートもしてくれます。

無料カウンセリングはこちら

【2022年版】クレビック(CREBIQ)の料金や口コミを徹底紹介します

ゆるくトレーニングしたい方に「ライム(LiME)」

ライムはマシンを使わない、自重をメインとしたトレーニングがメインとなっているパーソナルジムです。

キツいトレーニングはなかなか続ける事が難しいという女性も多いですが、ライムでは長期的に続けられるトレーニングを教えてくれます。

トレーニング指導だけでなく、食事指導もしてくれるためダイエットに向けたトータルサポートをしてくれるのもありがたいですね。

無料カウンセリングはこちら

【ゆるジム?】パーソナルジム ライム(LiME)の口コミや料金について徹底解説します。

女性専用マンツーマンボディメイクサロン「RIZAP WOMAN」

RIZAP WOMANは、筋トレなどのウエイトトレーニングだけではない、ストレッチやファンクショナルトレーニングも含んだ完全オリジナルのトレーニングメニューを提供してくれます。

さらに、女性に必要な栄養をしっかりと考慮した食事管理や、脂肪燃焼に効果のある美容マシンもあり、理想の自分に向けたトータルサポートをしてくれるジムとなっています。

無料カウンセリングはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です