【完全学習ロードマップ】TOEIC900をとるための勉強方法

 

こんにちはオオクマ です。


TOIECを受ける上で1つの目標となるのがTOEIC900です。


TOEIC900を取れるくらいの英語力があれば日常生活で英語を使うのにそこまで苦労しないです。


就活や大学院受験でも一目置かれることがあると思います。
TOEIC900をとる英語力についてはこちらの記事をご覧ください。

【ネイティブには程遠い】TOEIC900以上をとる英語力はどのくらいか



しかし、なかなかTOEIC900を取得している人がいないので、TOEIC900を取得するための学習ロードマップのようなものが不明瞭であるのも事実です。


いろいろ書いてる記事はあっても結局スタディサプリのアフィリエイトだったり英語塾の勧誘だったりと無料で公開されているものが全くありません。


そこで今回はTOEIC900をとるための学習ロードマップを公開していきたいとおもいます。


私は純ジャパではありませんが、この方法で今まで英語力を向上させてきたので、かなり信頼性の高い学習ロードマップだと思ってもらって大丈夫です!

(その他TOEICに関する記事はこちら)

【戦略的に目指す】TOEIC700点を取るための勉強⽅法について教えます 【読むだけでスコアアップ】TOEIC600点を取るための勉強法について徹底解説します

TOEIC900をとるためのリーディング勉強方法

 

TOEIC900をとるためにやるべきことは以下の4つです。

1.単語を身につける
  ↓
2.文法を身につける
  ↓
3.長文を読めるようにする
  ↓
4.TOEICにそった長文問題になれる

単語と文法に関しては、TOEIC800を超えたら特別なことやる必要はないと思われます。


TOEICにおいては3番が最も大切で、一番時間を割かないといけないところです。特に、リーディングのスピードを鍛える必要があるので、それに適した勉強法が必要です。


4のTOEICに沿った長文になれるのは、回答スピードを早めるためです。


ここからそれぞれのステップでやるべき問題集や参考書を紹介していきます。


すべてを何度もやり込めば確実にTOEIC900取れる良書を厳選しましました。


TOEIC800を超えている人は単語と文法を飛ばしてしまっても大丈夫です。

(その他リーディングに関する記事はこちら)

英語リーディングを爆発的に速くする勉強方法【 TOEIC900は確実】  英語のリーディング力を飛躍的に上げる方法【具体例も紹介】

TOEIC900とるための単語帳

単語は英語の基礎中の基礎でこれがわかっていないと始まりません。


とはいえ、TOEICで出てくる単語はそんなに難しいものはないので、TOEIC対策用の単語帳を1つやっておけば、問題ないです。


ハニワさんもこちらの記事でおすすめしていますが、金フレをやりましょう。
ハニワさんがTOEIC800超えを果たしていることからもその効果は伺えますが、私の周りでTOEIC800以上とっている人で金フレを使っていたという人はかなり多いです。


単語数が少なくビジネス要素が強いTOEICの傾向にかなり則した内容になっているので、TOEIC900を目指しているけどまだ、800を取れていないという人は金フレを完璧にしましょう。


TOEICでは求められる単語力はそこまで高くないので、単語のインプットは最低限に抑え長文などに時間を割くのが望ましいです。


TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)

(その他単語に関する記事はこちら)

英単語の効率的な覚え方【TOEIC945点の私が解説します】

 

TOEIC900をとるための文法問題集

文法力に自信がない人、具体的にいうと過去形を使うべきか、現在完了を使うべきかわからないやaとtheの違いが曖昧な人はいますぐForestを買って文法の基礎を固めてください。


TOEICは大学受験のような重箱の隅をつつくような文法問題は出題されないので、時制や冠詞などの基本的な文法事項を100%理解するようにしましょう。


大学受験は100問を70%の理解力で合格するもので、TOEIC900は70問を100%の理解力で達成するものです。


Forestはイメージが難しいものも図などを使って解説してあるので、文法に苦手意識がある人でも読み進めることができます。


文法の基礎が固まっていない人は次のTOIEC L&R文法問題に進む前にForestを100%理解しましょう!


総合英語Forest 7th Edition

(文法に関する記事はこちら)

【真面目に受けておけばよかった。。】改めて中学英文法を復習してみた感想とは

 

文法の基礎が固まったら次はパターンを覚えることです。


TOEICの文法問題は同じようなパターンの問題が多いので、その傾向を知ることがTOIEC900を取得する近道です。


傾向の把握には公式問題集が一番おすすめです。
しかし、公式問題集だけだと演習の数が足りないので、TEX加藤さんが書いているTOEIC L&R 文法問題出る1000問をやりましょう。


この二冊をやっておけば、文法はそれ以上やる必要ないです。
あくまでもTOIEC900はPart7をいかに攻略するかなので、文法はこの2つをしっかりこなせるラインを越えれば大丈夫です。


TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問

 

TOEIC900とるための長文勉強法

文力とは読解力(英文解釈)×スピードです。


勉強の順番は読解力→スピードなので、まずは読解力のベースを作っていきましょう。


長文読解についてはこちらの記事も参考にしてください!

TOEIC945点の私が実践している英語リーディングを速くする方法

【英語多読の効果】年間300本の英語論文を読む私が多読の正しいやり方説明します



読解力をつけるためにおすすめなのがやっておきたいシリーズです。
大学受験の参考書としてよく使われますが、TOEIC900を目指す場合はやっておきたい700をやっておくのが理想です。


問題の出題形式はTOEICとかなり違いますが、TOEIC900をとるために必要な読解力をもにつけるにはちょうど良い英文レベルです。


長文の読解力はいろいろなものを多読するよりも1つのものを何度精読する方がつくので、最低でも三周はするようにしましょう。


やっておきたい英語長文700 (河合塾SERIES)




やっておきたいが3周終わったら次にスピードを鍛える練習です。


これは速読速聴英単語をおすすめします。


これは速読速聴英単語は歴史に残る名作です。



TOEIC900をとるにはCore1900で問題ありません。
Advanced1100もありますが、TOEIC900をとるためには必要ないです。


TOIECには難しい文章は出てこないので、Core1900をしっかりとシャドーイングでついていけるレベルで文章が読めれば確実にTOEIC900は到達可能です。


リーディングのスピードを上げるには自分よりもやや速いスピードの音声をシャドーイングするのが一番です。


Core1900を2、3周する頃には確実にTOEIC900を達成できる基礎体力が養われているはずです。

Core1900については、こちらでも記事でも熱く語っているので是非チェックしてみて下さい。
速読速聴・英単語 Core1900のレベルや使い方を徹底解説します



速読速聴・英単語 Core1900 ver.5 (速読速聴・英単語シリーズ)

 

TOEIC900とるためのTOEIC特化対策

最後に英語の基礎体力がついたらTOEICに特化した対策です。


正直ここまでの段階で8割くらいの人は挫折すると思います。
英語学習は続けるだけでも相当な精神力が必要です。


ここまでの英語力養成ができているだけでTOEIC900以上の価値が十分にあると私は思います。後少し頑張っていきましょう!


TOEICに特化した対策でおすすめしたいのは公式問題集と至高の模試600門です。


公式問題集は公式なので、文句なしで絶対やっておいた方がいいです。
進め方としては、赤ペンを用意して解いていくときに回答の根拠だと思ったところに赤を入れていく方法をおすすめします。


文法などに関しては回答の根拠も書く必要があります。
ですので、本来の制限時間プラス10分(回答の根拠を記す時間)でやっていくと良いです。


回答はしっかりと丸付けをして自分の根拠と解説がマッチしているかを確認しましょう。


こうすることで、回答に必要な文章を抜き出す能力が上がるので、短い時間で正確に答えを見つけられるようになります。


公式問題集を何周かしてまだ演習が足りないと感じたら至高の模試をやりましょう。



若干公式問題集より簡単な気もしますが、解説がかなり詳細でTOIECのパターンを把握しやすくなっているので、おすすめの問題集です。


パターンを身につけるにはひたすら繰り返すしかないので、最後は気合です。


公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 6


[新形式問題対応/音声DL付]TOEIC(R) L&Rテスト 至高の模試600問

 

TOEIC900を達成するためのリスニング勉強法

ここまでリーディングパートについて書いてきました。
ここからはTOEIC900をとるためのリスニング勉強法について書いていきます。


リスニングの学習順序は以下の通りです。

1.シャドーイング
 ↓
2.ディクテーション
 ↓
3.ひたすら多聴


正直リーデイングと異なりリスニングに関してはTOEICに特化した対策というのはあまり向かないというのが私の意見です。


リスニングは音さえ聞ければ回答することができるので、リーディングのように答えを見つけるためのコツのようなものがありません。


そのため、純粋なリスニング力をつけていくことが求められ、正しい勉強法で継続することが何より大切です。


以下で1つ1つの学習段階について触れていきます。

(リスニングに関する記事はこちら)

英語のリスニング力が爆発的に上がる勉強法【具体例も紹介】 【グングン伸びる】シャドーイングの効果的な実践方法とは?

TOEIC900とるためのシャドーイング教材

リスニングの基本的なトレーニングは圧倒的にシャドーイングです。


嘘かと思うかもしれませんが、シャドーイングを一定期間やるといきなり英語が聴けるようになる時がきます。


ですので、リスニング力をつけるために一番はじめに行うべきはシャドーイングなのです。


しかし、ただシャドーイングをすればいいのかというとそういうわけではなく、理解度が7~8割くらいの英語を繰り返しシャドーイングするのが最も効果的なシャドーイング法です。


これ以上聞き取れてもリスニング力が向上しませんし、これ以上聞けなくても聞けないストレスでフラストレーションが溜まり、勉強がそもそも嫌になってしまいます。


ではTOEIC900を狙うための7~8割の理解度の教材はなんでしょうか?答えは速読速聴英単語Core1900です。


(速読速聴英単語のレベル表を見るとAdvanced1100がTOEIC900台になっていますが、TOEIC900を狙うのが目的であれば、Advanced1100はややオーバースペックだと思います)


もしCore1900が難しすぎても速読速聴英単語はレベル別で分かれているため、自分にあったものを選べますし、単語のレベルなども難易度順になっているので、段階的に学習を進めていくことができます。


TOEIC900を目指すにはCore1900を完璧に聞き取れるまでシャドーイングを反復するのが理想です。


欲を言えば、3から4周はしっかりとシャドーイングをしたいところです


リスニングはとにかく時間を費やせば費やすだけ伸びていくので、何度も反復するようにしましょう。


リスニングの土台は速読速聴英単語のシャドーイングで完璧に作ることができるので、何をシャドーイングすれば良いか迷っている人はいますぐ速読速聴英単語を買いシャドーイングを始めましょう。


速読速聴・英単語 Core1900 ver.5 (速読速聴・英単語シリーズ)

 

TOEIC900とるためのディクテーション教材

シャドーイングで基礎を作ったら次はディクテーションです。


シャドーイングが音を口で追いかけるのに対し、ディクテーションは聴いた音を書き取っていかなければいけないので、かなり難易度が上がります。


では、ディクテーションにはどのような教材を使うべきか?
答えは TOEICの公式問題集です。


TOEICの問題は速読速聴英単語Coreよりやや優しいくらいなので、速読速聴英単語のシャドーイングがしっかりできていればそこまでの難しさは感じないと思います。


ただし、全部を聞き流してディクテーションを行うとかなりハードルが上がるので、ピリオドごとに区切ってディクテーションをするようにしましょう。


そうすることで、惰性の勉強にならず、集中力を保ったままディクテーションができるのでリスニング力を確実に向上させていくことができます。


このディクテーションも何度も繰り返し行って完成度を高めていきましょう。
シャドーイングとディクテーションはとにかく、1つのものを何度も聞いて、英語の発音を耳に残す必要があります。教材の浮気はせず心中するつもりで無限ループさせましょう。

 

TOEIC900を達成するためのリスニング勉強法仕上げは多聴

シャドーイングとディクテーションで英語耳の下地を作ったら次は多聴です。
この多聴の段階から英語学習は面白くなっていきます。


よく多聴にCNNやBBCのニュース番組を勧める人がいますが、
私はおすすめしません。


冷静に考えるとそれって日本人が外国の友達に日本語を学ぶためにNHKを勧めているのと同じなんです。


私はつまらないニュース番組を我慢しながら聴くより、ドラマや映画をひたすら視聴する方が絶対にリスニング力を向上できると思っています。


ニュースなどは聞いていても中身がよくわからず、
結局頭の中では他のことを考えてしまいリスニングに集中できません。


それであれば、ドラマや映画など視覚的にも楽しめるもので多聴を行った方が集中力が継続でき結果的にリスニングを向上させることができます。


映画に関してはこちらの記事でおすすめの映画をまとめているのでぜひ参考にしてみてください。


ドラマはSUITSが圧倒的におすすめです。
SUITSはニューヨークの弁護士事務所を舞台にしたドラマで、ビジネスに関する話題なども多く、TOEIC対策にもなります。


何より内容が非常に面白いので、飽きることなく見ることができると思います。覚えづらいビジネス英語や法律に関する英語も何度も繰り返し出てくるので、SUITSで多聴を行えば、確実にTOEIC900は狙えるラインに持っていくことができると思います。

TOEIC900点を取るには参考書を活用する事が重要

TOEIC900点を取るには、自分に合った参考書を選ぶのが非常に大切になってきます。


下の記事で、スコア別TOEICオススメ参考書をまとめているので、
是非チェックしてください!

【迷ったらこれ】おすすめTOEIC参考書を目標スコア別に紹介!

まとめ

英語学習はモチベーションを保つのが難しく、継続ができるだけでも人口の上位10%に入ると私は思っています。


そこからさらに受験者数の3%ほどしか達成できないTOEIC900を達成するにはある程度の根気が必要です。


しかし、英語は継続していれば絶対に結果が出るものなので、少しずつの積み重ねを大切にしていきましょう。


ちからCaféは英語学習を頑張っているすべての人の味方なので、一緒に頑張っていきましょう!

この記事を読んだ方におすすめの記事

TOIECに必要な単語数【結論TOEIC単語は狭く深くです】 TOEIC 980点をとったTOEIC特化対策と勉強法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です