【手応えなし】私がTOEIC400点/700点/800点を取得した時の手応えと結果点数

みなさんこんばんは。

TOEICを受験した後の

悩む人

手応え微妙なんだが、何点くらいなんだろう
っていうモヤモヤ感ありますよね。

そこで今回は、私がTOEICを受験した時の手応えと結果について書いていこうと思います。

ぜひ、最後まで読んでください!

(その他TOEICに関する記事はこちら)

【体験談】TOEIC力の成長を参考書毎に解説します 【体験談】TOEIC 勉強での挫折ポイントとその克服方法について

TOEIC400点、700点、800点を取得した経験あり

私はTOEICで500点と700点と800点を取得した経験があります。

なので、今回はそれぞれどのような手応えで、結果がどうだったのかについて書いていこうと思います!

【ほぼ塗り絵】TOEIC400点を取得した時の手応え

私がTOEIC400点を取った時の手応えは以下の通りでした。

PART1

・最初の2問くらいは少し聞き取れてビックリする。

・ただ、知っている単語量が少なすぎて、大切な部分が分からない。

・確実に違う選択肢が1問くらい分かるので、正答率を少し上げることができる

PART2

・最初の数問は聞き取れたりする。

・リスニングはここで心が折れる。

・選択肢は聞き取れることもある。

PART3

・もう心が折れている

・ほとんど何を言っているか分からない

・勘弁してほしいと思っている

PART4

・リスニングの終わりを待ちわびている

・勘弁してほしいと思っている

PART5

・文法問題なので、出てくる単語もそこまで難しくなく、解ける問題もある

・特に、主格/所有格/目的格系の問題は単語の意味がわからなくても解ける場合が多い

・だが、TOEIC 頻出単語の意味を知らないと答えられない問題に関しては、⼿のつけようがない

PART6

・急にわからなくてビックリする

・でも、メチャメチャ時間かければ、分かる問題もある。

・出てくる単語が基本的にわからない。

・そんな単語受験英語では出てこなかったよ!!ってなる

PART7

・本当に何もわからない

・じっくり一語一語読んでみても、分からない単語が多すぎて進まない。

・え、そもそもこんな量の問題解くって無理じゃない?ってなる

・勘弁してくれる⼈がいるなら、ぜひ勘弁をしてほしいと思っている

【結果】200点くらいの手応えだが、500点も取れてビックリ

悩む人

特に勉強してないけどとりあえずTOEIC受けてみるか

という人の多くが同じような手応えなのではないでしょうか。

受けてるときはほとんど何も分からず、とにかく早く二時間が過ぎ去ってほしいと思っていました。

逆に400点取れてビックリなくらいなので、あまりに低い点数は出ないのかもしれませんね!

【手応えあり】TOEIC700点を取得した時の手応え

私がTOEIC700点を取った時の手応えは以下の通りでした。

PART1

・6問中5問は自信をもって応えることができる

・1つは自信のない問がある。

・選択肢を完全に聞き取れるわけではないが、正解であろう選択肢は分かる

PART2

・自信がある問題5割

・微妙な問題3割

・全然聞き取れない問題2割

・最初の一語(what,when,how等)を本気で聞き取ることで、答えが絞れる

PART3

・自信がある問題5割

→話の内容がしっかり分かってる問題5割

何言ってるかあんまり分からないけど、この単語聞こえたしこの選択肢でし
ょ5割

・微妙な問題4割・全然自信がない問題1割

PART4

・自信がある問題5割

→話の内容がしっかり分かってる問題5割

何言ってるかあんまり分からないけど、この単語聞こえたしこの選択肢でし

ょ5割

・微妙な問題4割

・全然自信がない問題1割

・リスニングが終わった後は

「結構きたなコレ」って思った

PART5

・5 割は⾃自信を持って答えられる

・3 割は⼆択まで絞れる

・2 割は三択まで絞れる

・私は前置詞とか接続詞を問われる問題が苦⼿手なので、PART5 での取りこぼ
しが多かった気がする。

・問題が全く理解できなことはほぼ無い

・だが、細かい部分を聞かれることが多く、

「だいたい分かってるんだから、勘弁してくださいよー」

ってなる

PART6

・ほぼ自信を持って答えることができる。

・完璧に和訳しなさいって⾔言われたら、ちょっと厳しい。

・でも問題で問われている事くらいなら分かる。

・読解問題です、みたいな顔して文法問題が紛れ込んでいる事があり、⼼底憎い

PART7

・割と分かる

・私は記事系の問題が苦手だったので、記事系の問題は全体的に分からない事もある。

・ただ、時間が無い

・本当に時間がなくてビックリした

・結局最後の15 問くらいは適当に埋めて終わった

・重要めな単語が分からないと、全体的に何の事について書いているのか分から
ない。

・文章の意味がわかななくても、文章の問題該当箇所を探し出せば、たまに
当たる事もある。

【結果】解き終わらなかったけど700点はいったでしょ!っていう手応え

結果的に最後まで解き終わることはできませんでしたが、400点を取得した時と比較すると格段に手応えがありました。

決して塗り絵作業ではなく、問題を解いているという実感がありましたね。

TOEIC700点取得からどのような勉強をしたか

800点取得の手応えの前に、筆者が700点取得後にどのような勉強をしたかについてお話します。

TOEIC700点取得後の勉強時間

まず勉強の期間に関してですが、筆者は10 ⽉月の末に別の資格試験があったため、前回受験直後から約一ヶ月間英語の勉強から離れていました。
ですので勉強時間としては、10 月末〜~11 ⽉末の約⼀ヶ月間

平日:出社前2時間

休日:10 時間

を基本として勉強していました。

ただ、仕事が忙しく平日勉強できない日もあったため、実際はもっと少なかったと思います。

TOEIC700点取得後の勉強方針【リスニング重視へ】

700点取得時の筆者のスコアは、リーディングよりもリスニングの方が得点が低かったです。

この結果を受けて私が立てた作戦は

「まずリスニングで得点を稼ごう」

ということ。

周囲の友人や、ネットの体験を⾒見てみると、どうも皆さんリーディングよりリスニングのが得点が高い人が多いんです。

実際にTOEIC の平均点を調べてみると、

TOEIC の平均点: 580 点
TOEIC リスニングセクションの平均点: 318 点
TOEIC リーディングセクションの平均点: 262 点

ということで、やはりリスニングの⽅が平均点が高いんです。

ですので、この結果を受けて私は
「リスニングに伸び代がある!」
と感じ、リスニングの勉強を重点的に行っていました。

TOEIC700点取得後の勉強内容【壁を超えるために】

次に、勉強内容について書いてみようと思います。先ほども述べた通り、私はリスニングを強化しようと考え、そこで実施したのが、シャドーイングです。

シャドーイングはリスニング力の向上に非常に効果的だと感じ、繰り返しシャドーイングをしていました。

題材としては、これまで解いてきた公式問題集が4 回分ありましたので、それのpart3、part4 を利用していました。

最初は口が回らなかったり、全然聞き取れないことも多かったですが、徐々に上達していくのを実感していました!

あと、今回の⽬的ではなかったんですけど、

シャドーイングをやることによって、発音も少し良くなってきたような気がします。

やっぱり英語を真似して発音していると、⾃分の発⾳も良くなってくるんでしょうかね。

(リーディング力を上げたいならこちら!)

英語のリーディング力を飛躍的に上げる方法【具体例も紹介】 英語音読の効果を徹底解説【英語力を上げるには音読が必須】

TOEIC800点取得時の手応え/感覚は?

TOEIC試験本番の気持ち

前回受けた時は、当時の最高点が400点だったため、
「確実に⾃己ベストを更新することはできるだろう」
という気持ちで臨めたため、特に気負うことはありませんでした。

ですが今回は、
「1 ヶ⽉間勉強したのに、前回より低いスコアを取ってしまったら・・・」と考えると、少し気負う部分もありました。

まあ、実際試験が始まっちゃえば必死なんでそんなこと忘れちゃうんですけどね!

TOEIC800点取得時の試験会場

前回の試験会場は200 ⼈ぐらい⼊る大ホールのようなところで実施したため、リスニングが反響し少し聞き取りづらかったです。

そのため、今回の会場も
「⼤きなホールだと嫌だな」
と思っていたのですが、今回はとあるビルのセミナールームのような部屋で実施され、

部屋の大きさも50 名程度が入るだけでしたので一安⼼しました。

【最後まで解けた?】TOEIC800点取得時の手応えは如何に

いざ試験が始まりました。まずリスニング問題。

「あれだけ対策したんだから、基本的には聞き取れるだろう」

と思っていましたが、そんな事は無かったです・・・

PART1

→おそらく全問正解したが、全ての選択肢が聞き取れたわけではなく、消去法で選んだものもあった。

PART2

→4 問くらい何言ってるのかほとんど聞き取れないものがあって
「俺の努力は何だったんだ・・・」という気持ちになりました。

PART3,4

→こちらも結構聞き取れない箇所がある。

ただ、前回は「選択肢を⾒ながら、聞き取れた単語が⼊っている選択肢を選べば合っているはず」というやり方をしていましたが、今回は割と⽂章全体を理解しながら選択肢を選ぶ事ができた問題が増えたかな、と思います。

PART5

→筆者が⼀一番苦手としているPART5。
今回もわからない問題はありましたが、時間重視でとりあえずサクサク回答していきました。

ただ、これは個⼈的な感想なんですが、PART5 に関しては前回も今回も公式問題集よりは簡単に感じました。

PART6

→そこまで苦⼿意識があるPART では無かったのですが、今回は文章の意味があまり掴めない問題があり、時間を食ってしまいました。

「時間をかけすぎてはいけない!」
と思ってはいるものの、
「あと少し読めば絶対に分かる!」
という気持ちが先⾏行し、ズルズルと時間をかけてしまいました。

PART7

→手応えとしては
「前回と変わらないかな・・・」
という感じです。

実は前回もリーディングに関しては最後の15 問くらいは手がつけられなかったのですが、(なので、前回はリーディング300 点くらいだと思っていました)今回も同様に15 問くらい⼿をつけずに終わってしましました。

⾮常にもったいないですよね・・・

TOEICの各パート毎の攻略方法はこちらの参考書でも勉強できるので、是非チェックしてみて下さい。

「TOEIC L&Rテスト 直前の技術」の使い方や評判について

「TOEIC800点取得時の試験の手応え」まとめ

といった感じで、まとめると

リスニング:少し上がったかな

リーディング:前回よりも読みやすくはなってるけど、スコア的には変わらないかな

という手応えでした。

「今回はリスニングに力を入れたので、少しでもいいからスコアは伸びてほしい!!
できれば400 点に乗ってほしい!!」

といった気持ちでしたね。

気になるTOEICスコア結果は830点でした

結果としては上記のような手応えで830点を取得する事ができました。

800点には届かないと思っていたので、嬉しかったですね

TOEIC900点を取るために

今回浮き彫りになった問題は

「リーディング15 問残してるの冷静にヤバい問題」

じゃないかと思います。

TOEIC でハイスコアを目指しているのに、そもそも問題を解ききっていなって冷静にヤバいかなって思います。

ですので、今後の勉強としては、

・通しで問題集を解く事で、自分の時間配分を確定する。
・なるべく多くの⽂章に触れる事で、読むスピードを上げる
・多くのTOEIC 問題に触れる事で「これぐらいの理解度で進めてもいい」という勘所を掴む

という3 点をポイントとして勉強を進めていきたいと思います。

TOEICハイスコアを目指すな参考書選びがとにかく大切

ここまで筆者の体験を書いてきましたが、筆者の経験上、TOEICは自分に合った参考書を選ぶ事が非常に大切です。

以下の記事で、スコア別オススメ参考書を紹介しているので、是非チェックしてみてください!

【迷ったらこれ】おすすめTOEIC参考書を目標スコア別に紹介!

「私がTOEIC400点/700点/800点を取得した時の手応えと結果点数」まとめ

いかがでしたでしょうか。

英語学習中の社会人のリアルなTOEIC 勉強と手応えについて伝えられたらと思って、今回の記事を書きました。

是非TOEIC を受験する際の参考にしてみてください!

それではまた!

(この記事を読んだ人にオススメ)

【アルク英辞郎pro】英語で悩む全ての人にオススメ最高の英語辞書紹介します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です