筋トレの王様スクワットで人生を変えよう

悩む人

筋トレでスクワットをおすすめされたけど、実際どんな効果があるのかな?なんかキツそうだし、やり方も難しそうだな。。誰かスクワットの効果ややり方を教えてくれないかな。。

こんなお悩みを解決します。

この記事を読んでわかること
・スクワットの効果
・スクワットの正しいフォーム
・スクワットのセットの組み方
・スクワットに適したトレーニングギア

この記事を書いている私は、筋トレ歴5年の現役トレーニーです。スクワットは大好きな種目で、脚トレーニングのメイン種目として毎週行なっています。スクワットで人生変わったので、情報発信しています。

今回は、筋トレの王様スクワットについて解説していきます。

脚トレは、マシンのレッグプレスやレッグカールなどの種目がありますが、実はスクワットがダントツで一番おすすめです。

実際私も脚のトレーニングはほとんどスクワットで完結しています。


そんなスクワットですが、実際にどのような効果があるのか、正しいセットやフォームはどんなものかを丁寧に解説していきます。ぜひ最後まで読んでみてください。

それでは、前置きはこの辺にして早速始めていきましょう。

筋トレの王様スクワットで人生を変えよう。


結論スクワットをやると人生変わります。

スクワットをやると痩せる

スクワットをやるととんでもなく痩せます。

これは筋肉の大きさが関係しているのですが、筋肉は大きいほど消費エネルギーが大きくなります。

脚の筋肉は身体全体の70%を占めるほど大きな筋肉です。

膝の痛みを予防する筋トレ&ストレッチ。前もも、裏もも、ふくらはぎの筋肉をトレーニングしよう | 健康, トレーニング×スポーツ『MELOS』

脚の解剖

そのため、腕や肩のトレーニングをやるよりもかなり効率よく体重を落とすことができます。

また、筋肉は1kgあたり基礎代謝が50kcal上がります。
そのため、脚トレで筋肉をつけると日常生活をしているだけで痩せやすくなります。

スクワットをやると姿勢がよくなる

スクワットは痩せやすくなるだけでなく姿勢もよくなります。

人間の身体を支えているのは、脊柱起立筋と脚の筋肉です。
特に現代人は座っている時間や寝転がっている時間が長いので、脚の筋肉がかなり衰えている場合が多いです。

姿勢を直すというと背中の筋肉や腹筋んを優先的に鍛えがちですが、それらの筋肉を鍛えるよりも、脚の筋肉を鍛えた方が圧倒的に姿勢がよくなります。

実際、私も脚の筋トレを始めてから姿勢がよくなりました。

また私の母も姿勢の悪さに悩んでいましたが、スクワットをおすすめしたら姿勢がよくなったと喜んでいました。

こちらの記事ではデッドリフトでん姿勢改善について書いているので、ぜひご覧ください
【筋トレBIG3】デッドリフトをやると最強になれる話

スクワットをやると男性ホルモンでる

スクワットをやると男性ホルモンがドバドバでます。

男性ホルモンが出ると自分に自信がついて立ち振る舞いもよくなります。

これは、就活の面接などでも役立ちまし、日常生活や合コンでも役に立ちます。

ハニワさんは就活を筋トレで培った自信で攻略していったそうです。
その時のエピソードがこちらの記事にまとまっているので、ぜひご覧ください。

【ガクチカに筋トレはあり?】就活において筋トレがオススメな理由

また、この記事で男性ホルモンが出まくる動画も紹介しているので、こちらもチェックしてみて下さい。
【思わずジムに行きたくなる】海外筋トレモチベーション動画

スクワットのセットの組み方

ここまででスクワットをやると人生が変わるということが伝わったと思います。
では、実際にスクワットはどのように行うと良いのでしょうか?

まずはスクワットのセットの組み方を解説します。

スクワットのセットの組み方にはいくつか種類がありますが、本記事では、その中の3つについて解説します。

ストレートセット

スクワットの代表的なセットの組み方がストレートセットです

ストレートセットの具体例

スクワット×10回
3分休憩
スクワット×10回
3分休憩
スクワット×10回


このようにセット間のレップ数を変えずに3セット行うのがストレートセットです。

初心者の方は特に怪我をしやすい傾向にあるので、あまり重い重量は扱わずにストレートセットでスクワットを行うと良いです。

ピラミッドセット

次におすすめなのがピラミッドセットです。

ピラミッドセットの具体例

スクワット 80kg × 10回
2分休憩
スクワット 90kg ×6回
2分休憩
スクワット 100kg×3回 
2分休憩
スクワット 90kg×6回
2分休憩
スクワット 80×10回

ピラミッドセットは徐々に負荷を上げていって、一番重い重量のセットを終えたら、徐々に負荷を下げていくセット方法です。

ポイントは、一番重いセットを終えた後のセットでも、始めのセットと同じレップ数を行うことです。

脚はかなり広範囲に筋肉がついているので、様々な重量でスクワットを行うことで、全ての筋肉を満遍なく鍛えることができます。

最後におすすめなのがドロップセットです。

ドロップセットの具体例

スクワット 80kg×限界まで
休憩30秒
スクワット 60kg×限界まで
休憩30秒
スクワット 40kg×限界まで

ドロップセットはとにかく限界までスクワットを行い、できなくなったら重量を下げてまた限界まで、を繰り返すセット方法になります。

メチャメチャ効果は高いですが、スクワットでドロップセットをやるとほんとに死にそうになります。。

ダイエット効果もかなり高いので、死に覚悟をもってダイエットをしたい方ぜひ試してみてください。

筋トレのセットの組み方は、こちらの記事でより詳しく解説しているので、こちらも参考にしてみてください。

筋トレのセットの組み方やセット数のおすすめは?筋トレのセット法を徹底解説

スクワットに必須のトレーニングギア

筋トレの効果を最大限にするには、トレーニングギアが必須です。

特にスクワットの効果を最大限に得るためには、腰を固定するトレーニングギアが必須です。

スクワットでは、腰が後傾してしまうと負荷が逃げてしましい、適切に足の筋肉を刺激することができません。

特に筋トレを始めたての人はフォームがしっかりと身についていないので、トレーニングギアが必要です。

スクワットで最高の効果を得るためには、ぜひパワーベルトを使って腰の安定を目指してみてください!

こちらの記事では、トレーニングギアについて解説しているので、こちらも参考にしてみてください。
筋トレに欠かすことができないおすすめトレーニングギア5選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です