【ガクチカに筋トレはあり?】就活において筋トレがオススメな理由

悩む人

もうすぐ就活が始まるけど、学生時代筋トレしかしてなかった。筋トレって就活に有利になるの??誰か教えてくれ〜〜

こんなお悩み解決します。

この記事を読んでわかること

・就活において筋トレ経験が有利になる理由

・ガクチカに就活を書くのはありか

就活において筋トレがオススメな理由

大学生にとって最も関心が集まるワードの一つ。「就活」


自分の将来を大きく左右するこのイベントは、多くの大学生の不安の種となっているのではないでしょうか。


そんな就活の難易度をグッと下げるソリューションの一つとして、筆者は筋トレを提案します。


具体的な筋トレメニューについては下記の記事を参考にしてみてください。

【必見】筋トレ初心者におすすめの胸トレメニュー!! 筋トレ初心者こそ脚を鍛えよ!脚トレの効果とおすすめメニュー 筋トレ初心者が背中を鍛えるメリットとおすすめメニュー

そこで今回は、大学二年から筋トレを続け、就活を経験した筆者が感じた、就活における筋トレのメリットについて話していきたいと思います。

筋トレの就活におけるメリット

私が考える、筋トレの就活におけるメリットは以下の通りです。

筋トレのメリット

・筋トレする事で就活中物怖じしなくなる

・筋トレすることで就活の面接で健康そうに見える

・筋トレは就活で話の種になる

・筋トレで就活の際に継続力を自己PRできる

以下でそれぞれ解説していきます。

筋トレする事で就活中物怖じしなくなる

以前の記事で、筋トレをすることで自信が出るという話をしましたね。(まだ読んでいない方はこちらをどうぞ)

【ジムのジは人生のジ】筋トレを始めると人生が変わるという話

この記事では、筋トレをすることでテストステロンが分泌され、自己肯定感が高まるという事を書きました。


このテストステロンですが、自己肯定感だけでなく自己無敵感にもつながるのです。


生物として確実に強くなったからでしょうか、筋トレをすると物怖じや緊張をする事が少なくなります。


筆者も筋トレを始めてから、多くの人に
「前よりも堂々としてるよね」
と言われるようになりました。


就活においてもこれは非常に重要で、

就活生

緊張して自己アピールが上手くできなかった

なんて凄くもったいないですよね。


一方筋トレをしていると、グルディスでも物怖じをする事がないため、積極的に発言ができ、リーダーシップをアピールする事ができます。


また、これは個人的な意見なのですが、「グルディスでは見た目がリーダーっぽい人が主導権を握る」という傾向があると思います。


自分のチームのテーブルに座った瞬間に、
「あ、こいつが場をぶん回すんだろうな」
という共通認識が生まれ、その予想はおそらく当たります。


そこで、就活までに物怖じしない巨体になっておけば、グルディスでも周囲にリーダーとして認識されるようになり、自然と採用担当にアピールする事ができるのです。

ポイント
筋トレをしてきたことで手に入れた、肉体的/精神的強さは、集団の中で必ず有利に働きます。面接よりもスクワットの方が100倍キツいので自信を持っていきましょう。

筋トレすることで就活の面接で健康そうに見える

「就活では体育会が圧倒的に有利だ」
なんて話聞いた事ありますよね。


確かに私の大学でも体育会に入っていた人は、総合商社や広告代理店など、軒並み就活無双していた印象があります。


では、なぜ体育会の学生が就活に有利なのでしょうか。
筆者は以下の二点が大きな理由だと思います

①OBのコネがある

②健康そうに見える

まず①OBのコネがある、について。


体育会は縦のつながりが強いため、就活においてもOBが引っ張り上げてくれる、というのはよくある事だと思います。


これに関しては、今回の話とは関係ないので割愛します。


大事なのが②健康そうに見える、です。


体育会の学生って、ガタイがよくて、短髪で、肌は焼けていて、いかにも健康そうでよく働きそうじゃないですか?


企業からしたら、せっかく新卒を採るんだから、若くて体力のある学生を採用したいと思うはず。


だから、見るからに体力のありそうな体育会の学生が就活においては無双する傾向にあると思います。


ですがこの、健康そうに見せる、というのはなにも体育会に所属しなくても、筋トレをする事で実現できますよね。


逆に、見た目を体育会生みたいにしておいて、インターンや資格勉強などで他の武器も身につけておくと、他の就活生よりも大きく差をつける事ができます。


もし、

悩む人

もう就活始まっちゃって、今更筋肉なんてつけられないよ~

という学生は、日サロだけでも行ってみましょう。


真っ白な体で面接に臨むよりも、確実に印象は良くなるはずです!


特に肩幅があるとかなり印象がよくなります。こちらの記事で肩の鍛え方を解説しているので、こちらを参考に肩の筋トレを初めてみてください。

筋トレ初心者は肩トレをせよ!!圧倒的にかっこいい肩の作り方【肩の筋トレを徹底解説】
ポイント

就活は自分のブランディングが大切になってきます。筋トレをしておくことで採用担当に「マッチョな○○君」という印象を残すことができ、選考に残る可能性はグッと上がります。

筋トレは就活で話の種になる(趣味は意外と話題になります)

就活の面接って、以外と雑談をする時間が長いんですよね。


雑談を通じて、学生の素の人間性を見ようとしているのでしょう。


そんな雑談の中で活躍するのがこの筋トレ。


大体のESは「趣味、特技」欄があるので、そこに筋トレを書いておくと、多くの割合で食いついてきます。


「週どれくらい行ってるの?」
「大会とか目指してるの?」
筆者もこんな質問を何度もされました。


そこで、

つよい人

週6でジムに通っていて、週1回はジムに休ませてあげてるんですよ


なんて返してあげると、その場は盛り上がり、学生の印象もグッと良くなります。

筋トレで就活の際に継続力をアピールできる

当たり前ですが、筋肉って1カ月そこそこでは大きくならないんですよね。

3カ月筋トレを続けて「やっとちょっと変わってきたかな?」という程度。

なので、あなたの周りにいるマッチョは並々ならぬ努力をしてきた結果なのです。

就活においても、この継続力はアピールポイントになります。

しかも、更にいいことは「語らなくてもアピールできる」という点。

就活の面接は30分程度しかなく、多くのアピールポイントを語るチャンスがありません。

しかし、面接官ははち切れんばかりのリクルートスーツを着た学生を見ただけで、その学生がどれほどの努力をしてきたかを感じる事ができるでしょう。

ポイント
大学入学後に筋トレを始めて、継続してきた場合、入学時に買ったスーツが小さくて入らない可能性があります。その時は自分の努力を褒めたたえながら新しいスーツを買いに行きましょう。

筋トレをガクチカにして継続力をアピールするのはあり?

ガクチカとは、「学生時代チカラを入れてきたこと」の略であり、就活においてほぼ必ず聞かれる質問です。

悩む人

学生時代に一番頑張ったのが筋トレなんだけど、これってガクチカにしていいのかな

と思う人も多いと思います。

実際に私ももともとガリガリだったのを筋トレを頑張ってムキムキにしたため、「筋トレはガクチカに使える!」と思っていました。

ですが、就活を経験した結果、ガクチカに筋トレは入れるべきではないと思います

理由は以下の通りです。

・スーツがパンパンのマッチョは見ただけで分かる

・就活ではチームで頑張った事が評価されがち

スーツがパンパンのマッチョは見ただけで分かる

先ほども述べた通り、マッチョは見ただけで分かり、語らずともその継続力をアピールする事ができます。

就活の面接は30分程度しかなく、見てわかることを改めて口でアピールするのってもったいないですよね。

筋トレは確実に就職に有利に働きますが、それはあくまで副次的効果であり、就活のメインウェポンとして使うべきではないと思います。

就活ではチームで頑張った事が評価されがち

就活ではチーム内で頑張った経験が特に評価されます。

よく人事の人も「この人と一緒に働きたいかどうかを見ている」と言っていますよね。

会社に入るとチームで働くことがほとんどなので、周囲との関係性の築き方や他社を巻き込む能力が非常に重要視されます。

その点、筋トレだとそのような能力がアピールしにくいんですよね。

例えば

「筋トレ仲間を集めて、筋トレ情報サイトを作って収益化した」

等であればチームで働く能力をアピールできますが、

「腕を太くするために、毎日アームカールを頑張った」

では、なかなか評価されにくいです。

なので、筋トレをすることで人間力やオーラで他社を圧倒しつつ、ガクチカには別のエピソードを用意しておいて、ただのゴリラだと思われないようにしましょう。

面接における筋トレのPR例文は?

筋トレはガクチカにするべきではないとお話ししましたが、ガクチカ以外で筋トレを自己PRすることは可能です。

例えば、就活の面接時には

では、1分程度で自己紹介をしてください

偉い人

とほぼ必ず言われます。

そこで、

強い人

○○大の△△です。

学生時代にジムに週6回通い詰めて身に着けた、体力と精神力はだれにも負けません!

などと自己紹介すれば、かなりインパクトを残すことができます。

「就活において筋トレがオススメな理由」まとめ

いかがでしたでしょうか。

就活の攻略にはいろいろな方法がありますが、「何をすれば良いのかわかんないよ!!」という方の参考になればと思います。


就活においては、賢いゴリラの需要が非常に高いです。


まだ大学2,3年生の人は今からジムに契約し、ジムに通い始めましょう。


大学4年生はとりあえず日サロに行って、健康的に見せる努力をしましょう!


この記事を読んで筋トレを始めたくなった方はこちらの記事を参考にしてみてください。

【筋トレ初心者】筋トレ初心者は、何をやるか迷ったらBIG3 だけで大丈夫 筋トレ初心者の時に知っておきたかった注意点5選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です