【読むだけでスコアアップ】TOEIC600点を取るための勉強法について徹底解説します

みなさんこんばんは、ハニワです。


最近は多くの芸能⼈が海外留学に⾏くなど、
グローバル化の広がりを強く意識するようになりましたよね。


筆者は留学に⾏った事はありませんが、
将来は海外で仕事をしてみたいと思っています。


この記事を読んでいる⼈の中にも、
「海外の企業で働いてみたいなあ」
「将来はヨーロッパに移住してみたいなあ」
と思っている⼈も多いのではないでしょうか。


筆者の場合、英語が全く喋れなかったため、
この夢を叶えるべくまずは英語の勉強をスタートし、
まずはわかりやすい指標として TOEIC の勉強を始めました。

数ヶ⽉の勉強の結果、もともと 380 点でしたが 810 点を獲得する事がき、
今では簡単な英会話を実施する事ができています。


ですが、筆者がそうだったように 500 点以下の⼈は、
いきなり 800 点を⽬指すと途中で⼼がおれてしまう可能性もあるため、
まずは⼩さな⽬標として 600 点を⽬指すのが良いかと思います。


さらに上を目指したい方はこちら

【完全学習ロードマップ】TOEIC900をとるための勉強方法 【ネイティブには程遠い】TOEIC900以上をとる英語力はどのくらいか

TOEIC600点を取るための勉強法について徹底解説します

そこで今回の記事では、
TOEIC600 点を⽬指す⼈がどのような勉強をするべきかについて書いていこうと思います。


それではどうぞ!

【勉強法を解説する前に】TOEIC600 点のレベルとは


まず、TOEIC600 点というのがどれくらいのレベルなのかという事について書いていきます。


個⼈的な意⾒だと、TOEIC600 点というのは、
「受験英語が得意な⼈が、対策無しで取れるギリギリの点数」
だと思います。


筆者の周りで TOEIC を受験した⼈を⾒渡してみると、
~400 点 英語普通、試験中に寝た
400~500 点 英語普通、試験途中で諦めた
500~600 英語ちょっと得意、試験ちゃんと解いた
600~700 点 英語ちょっと得意、TOEIC の試験対策ちょっとした
みたいな印象です。


なので、もしかしたら英語が得意な⼈は対策をしなくても 600 点取れるかもしれません。


ですが、英語が普通もしくは得意でない⽅でも、TOEIC600 点であれば、
少し対策をすればわりと簡単に取ることができると思います。


「いやでも、⾃分は TOEIC のリスニングもリーディングもまるで理解できていないし、
6 割も取れる⾃信がない」
という⽅もいるかもしれません。


ですが、筆者も TOEIC600 点を取った時は問題⽂の内容を半分くらい理解していませんで
したし、時間が⾜りず 30 問程度は塗り絵状態でした。


そんなレベルでも 600 点を取ることはできたので、
そこまで遠い⽬標と考える必要はないでしょう。

では、次の項⽬からは具体的な勉強⽅法について書いていきます。

TOEIC600点を取るための勉強法:試験形式を知ろう


まず、TOEIC 低スコアの⽅が効率良くスコアを伸ばす⽅法は、
試験形式を知ることです。


TOEIC 低スコアの⽅は、TOEIC の勉強に真剣に取り組んだ経験がないため、
試験形式もあやふやなことが多いです。


実際に筆者も初めて模試を解いた時は、
リーディングとリスニングの時間が同じだと思って、
リーディングの制限時間を 45 分としてしまい、爆死した経験があります。


TOEIC の問題って複数パートに分かれていて、
問題形式を知ること⾃体がちょっと⾯倒だったりしますよね。


ですが、この問題形式を知ることが⾮常に⼤切です。


TOEIC 低スコアの⼈は、基本的に TOEIC の問題を解き切るどころか、
⼀通り⽬を通したこともないことが多く、
問題⾃体に対する情報が少ないことが多いです。


そのため、TOEIC を未知の物体と捉えてしまい、
必要以上に嫌悪や恐れを抱きがちなんです。


そこで TOEIC の問題に⼀通り⽬を通すことで、
全貌を把握でき、未知の物体から攻略する対象へと変化させることが可能です。


また、試験形式を知ること⾃体が点数に直結することもあります。
例えば「PART4の図や表を⽤いた問題では、その図の中にある情報が確実に聞かれるから、
事前に⽬を通す必要がある」等、
英語⼒の向上と全く関係ない、問題の解き⽅の部分で取れるスコアが⼤きく上下します。


ですので、まず敵を知り必要以上に恐れを抱かないために、
そして、問題の解き⽅を知り点数に直結させるために、
問題形式を知ることが⾮常に⼤切なのです。


では、具体的にどのようにして試験形式をしればいいのか。


⼀番単純で効果がある⽅法は、
「時間を気にせず⼀回分⾃分の⼒で解ききってみること」
だと思います。


勉強を始めたての頃は、TOEIC の問題を時間内に解き切ることは相当難しいと思います。


なので、まず⼀回⽬は時間を気にせず、問題を解き切ることで
TOEIC の概要を把握することをお勧めします。


おそらく初めての⽅にとって TOEIC の問題を⼀回分解き切ることは、
かなりエネルギーを使うかと思いますが、
そこが⼀番⼤変な時だと思って、⻭を⾷いしばってみてください。


それ以降は⼀気に負担が軽くなるはずです。

(模試の復習方法はこちら)

【効果が10倍になる】TOEIC 模試の効果的な復習⽅法について徹底解説します 【グングン伸びる】シャドーイングの効果的な実践方法とは?

TOEIC600点を取るための勉強法:単語を覚えよう(参考書も紹介)


続いてこちら。


TOEIC600 点を取るためであれば、
難しい⽂法事項を覚えたり、リーディング⼒をつける必要はなく、
単語⼒を強化するだけでも⼗分だと思います。


特に TOEIC では、⾮常に狭い範囲から頻出単語が決まっているため、
単語学習がとてもやりやすいです。


TOEIC単語についてはこちらの記事も参考にしてみてください。
TOIECに必要な単語数【結論TOEIC単語は狭く深くです】


筆者の場合は⾦のフレーズを利⽤していましたが、
それ以外の TOEIC ⽤の単語帳であればそこまで⼤きな違いはないかと思います。


その単語帳の中でも、⾼難易度の単語には⼿をつけず、
ひとまず基礎的な単語を繰り返して覚え、確実に⾃分のものにしましょう。


そうすれば、問題⽂中の細い情報を拾うことはできないかもしれませんが、
⼤筋を掴むことはできるようになります。


また、TOEIC の問題では、あらゆるレベルの受験者に対応すべく、
難易度の低い問題と⾼い問題が織り交ぜられています。


最低限の頻出英単語を覚えることで、難易度の低い問題を確実に正解しすることで600 点は取れるようになります。

金のフレーズの購入はこちらから


TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)

(その他参考書に関する記事はこちら)

【アルク英辞郎pro】英語で悩む全ての人にオススメ最高の英語辞書紹介します 「TOEIC L&Rテスト 直前の技術」の使い方や評判について

TOEIC600点を目指すなら、参考書選びが超大切!

上でも一部紹介しましたが、TOEICで600点を目指すなら、
まず自分に合った参考書を選ぶ事が非常に大切になってきます。

 

以下の記事で、スコア別オススメ参考書を紹介しているので、
是非チェックしてみてください!

【迷ったらこれ】おすすめTOEIC参考書を目標スコア別に紹介!

「TOEIC600点を取るための勉強法について徹底解説します」まとめ


いかがでしたでしょうか。


筆者が⾃分の経験をもとに、
TOEIC600 点を取るために必要な勉強⽅法について書いてみました。

これから英語の勉強を始めるという⽅にとっては、
TOEIC600 点は⽐較的達成しやすい⽬標であり、是⾮挑戦してほしい⽬標でもあります。


このブログでは他にも英語学習に役⽴つ情報を発信していますので、
チェックしてみてください!


それではまた!


(この記事を読んだ方におすすめの記事)
【読むだけでスコアアップ】TOEIC600点を取るための勉強法について徹底解説します 【手応えなし】私がTOEIC400点/700点/800点を取得した時の手応えと結果点数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です